とろのみ3

メモなんて無かった

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リアル妹がいる大泉くんのばあい

廻り巡ればめぐるときっ!?があんまり面白くないので…

リアル妹がいる大泉くんのばあい 始めました。

攻略順序は 麻衣→栞→美樹

絶対に栞最後にした方が良いと思います。

いまさらだけどネタバレあるよ。

結構短いんであっさり終わりました。
攻略キャラは3人

最初はバーチャル妹の麻衣に入るようになってるのかな?わかんね
でも本筋はリアル妹の栞のルートです。

帰ってこない親
過去の事件から冷え固まってしまった兄妹間
冷え切った家庭の中に、ひょんなことから舞が入り込んでいく。
徐々に和解していきついに結ばれるが、親の離婚で離れ離れになってしまう事を二人は知っていた。
まあでも離れ離れになっても最終的には幸せになるんだよ。ファンタジーだもの。

でも神様笑の力によりパソコンから出てきた麻衣が父親の再婚予定の相手の病弱で入院してばっかりで父親に家を出て行かれて母親に苦労掛けて辛いし、死期も近いとか言われてる娘の舞だったなんて…その設定必要だったのか?
しかしこの家庭や兄妹に触れていく内に、麻衣は自分の家族に対する気持ちを改めていく
最後にはみんなの記憶を消して、自分の世界へ戻っていく。

エンディング

季節は夏
幸せそうに寄り添って歩く栞と涼。前には元気に犬と散歩している舞。
3人はすれ違う。

「神様っていると思う?」

「…神様はいるんですよ。お兄ちゃん」

そのまま直でタイトルへ

ちなみにタイトルCGとBGMが変わっていて、寄り添う二人と後ろに振り向く舞がいるCGになってました。

いやー憎い演出ですね。すごい余韻の残る流れでした。
てか、まず家族とか親の話題ってのが俺のウィークポイントなんだよなー。
グッと来ちゃいました。
おてごろな低価格なせいか、普通のと長さは比べられませんが短いなりに親子間の話題という深い話がコンパクトにまとまってしまった様な気もする。主人公強すぎだろ。もっと葛藤するだろ…
まあ逆に軽く読めて良い感じ。
でも神様とかそういうの良くわかんないです。てか、別に麻衣いらなかったんじゃね的な感じになりますね。
キャラは良いですけど…本筋はあくまで栞だしなー。あんまり絡んで来なかったし。
そこらへんは低価格の限界なんでしょうか。

あ、美樹はエロかったよ。シナリオ?ふーん。なんで最後にやったんだろうか。

全体的に見ても面白かったです。
キャラは良いのは多いし、メインCVは遠野そよぎだし。
シナリオはおるごぅるさんの引退作だそうで。どんな作品書くのかはあまり知りませんでしたけど、惜しまれるだけの事はある様な気がします。
面白かったー。

追記
BGMが結構好き。Angel Noteはさりげなく好きな所です。

麻衣ルートで主人公が作るブログに書いてある記事が俺のブログともろ被りな件

公式の壁紙良いですね
スポンサーサイト
  1. 2010/06/04(金) 04:15:52|
  2. エロゲ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<まだ曖昧だけれど? | ホーム | ほう…>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nurunuruboru.blog77.fc2.com/tb.php/189-7ff64d31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。