とろのみ3

メモなんて無かった

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日記

昨日は友人と飯→本屋
買った本
絵のない絵本 アンデルセン
我輩は猫である 夏目漱石
地下室の手記 ドフトエスキー
この辺りは有名な作者さんのを今更ながら読んで見ようと。
運のつき 養老猛司
人生に関する72章 藤原正彦

絵のない絵本、100Pちょっとしかないので早速一通り読んでみたんですが
和訳された本だからか、言い回しが独特でとても分かりにくくて大変でした

箱はもっぱら会話専用
といっても黙って作業しながら会話聞いてるんですけどね
エロゲしてたり、本よんでたり。
久々に自由な時間なんで、色々やりたいな
本ももっと色々読みたい。
スポンサーサイト
  1. 2009/03/03(火) 19:33:11|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<日記 3/4 | ホーム |

コメント

ドフトエフスキーは悪霊を読んだっきりなので他のが面白そうなら読んでみたいですね…
そういえば直木賞の悼む人は面白かったですよ~(ジャンルが飛びすぎ^^;)
  1. 2009/03/04(水) 17:04:35 |
  2. URL |
  3. Volvo #-
  4. [ 編集 ]

何か1冊といわれたらノヴァーリスの「青い花」を推すかな
ともかく古典文学は読めば読むほどいいと思うよ
‥‥しかし枕元にカラマーゾフの兄弟が積んであるがいつ読み始めるのかなあ、これ
  1. 2009/03/05(木) 09:00:44 |
  2. URL |
  3. 沙原 #-
  4. [ 編集 ]

>volvoさん
面白いんですか~ちょっと探してみます
今はとにかく色々なジャンルの本が読みたいですね
だから、良さそうなのがあったらぜひ教えてください~

>沙原
今度本屋に立ち寄ったとき探してみます。
カラマーゾフの兄弟や罪と罰は読んでみたいなぁ。買おうと思ったら想像以上に高くてまだ買ってないんですけどね。
  1. 2009/03/05(木) 18:43:38 |
  2. URL |
  3. ぼる #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nurunuruboru.blog77.fc2.com/tb.php/2-dcca80ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。