とろのみ3

メモなんて無かった

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

涼風のメルト -Where wishes are drawn to each other-

ぶっちゃけさぁ…
まったく期待してなかった。

いやいや、俺は忘れてませんよ?

ウザイ父親と兄が全てを台無しにしたゲームを。
いや、これの後に何を期待しろと。といった感じでしたからね。あ、ちなみに77はフルコンプしました。金髪の男達要らないね。

実際は。

「くそっ…いい話じゃねえか…」

MagusTaleのシリーズに続いてやっと人気が出そうな作品が来た。
結構Whirlpoolの信者となっていた自分にとっては最近の失脚を一気に取り戻したといった印象だ。

今作はボリュームが滅茶苦茶あったな。
シナリオが長く感じるというよりは、心理描写やら場面説明やらが結構ダラダラと続くイメージ。(シナリオ自体も結構長いのだけど。
特にシナリオの構成上、後編に入るまでにギブアップする人もいるんだろうなぁ。
共通で既に苦痛の人、体験版が合わない人は回避推奨かな。
後、展開にご都合主義が多分に含まれるから嫌いな人はやめた方が良いかも。俺は大好物ですけど。

ネタバレ↓(超長いよ!眠い中特に考えず書いたから意味不明ですね。
今回は、√の構成が少し変わっています。
普段通りの、共通√→個別→EDまでの流れを第一部とすると
その後に「絆語り」という第二部があるといった形です。

第二部は遥か昔の過去編と、現代のヒロイン達を繋ぐ絆。
この第二部から読み応えがグンと増してきます。
伏線を一気に回収していくパートでもあるので、物語の核心に急接近するので当然でしょうか。
この絆語りを4人分クリアすると、神語りという涼の√が開放されます。
これがこの物語のグランド√になりますね。メインヒロインだし。

攻略順に適当に。

羽衣√
後輩キャラ。
病院に入院している妹の優衣の事を誰よりも助けたいと願う出来た姉
願いを叶える為には代償が必要である。それ故に自らを傷つけ、逆に彼女自身が病床から離れられなくなってしまった。
しかし、一人の精霊と神具の力によって彼女は救われる。

精霊は強い想いの結晶。人を回復させる妖精の精霊は、遥か昔の羽衣の先祖の助けたいという想い。
時は流れ、神具と共に地方を渡り歩き命を救い、はては子孫の命、主人公の命を救い、その思いを昇華させた。

捺奈√
巫女になる事を、離れ離れになる事を選んだ幼馴染。
常に一緒にいた二人。なぜ離れる事になろうとも巫女になろうとしたのか?

主人公が10年前に偶然願ってしまった純粋な気持ち。願いの執行には代償が必要である。
人間の一人の命で叶うような軽い願いではなかった。
捺奈は土地神の力ですらこれ以上叶わない願いを、全てを代償に叶えようとした。


精霊は想いの結晶。夢を見させ、夢を食らう獏の精霊は、捺奈の先祖の強い想い。
彼女には未来を予知する力があり、予知した上で変えられない未来に苦しんでいた。
しかし、力をつけた彼女は克服し旅に出る。
人を救い続けた彼女の最期の力は、遥か未来を予知した彼女が見た主人公達へと渡された。
彼女の想いは、精霊となって捺奈の元で力を貸す。

捺奈にも予知夢の力があった。夢は絶対に覆らない。彼女は、大切な人を失う夢を見続けた。
しかし彼女の力を受け取った捺奈は主人公の願いの呪いを断ち切った。
彼女は皆が幸せに卒業する夢を見る。もうあの悪夢は見ないだろう。

月音√
もう眠いんで所感だけで。気分で書き直すかも
彼女だけ絆語りが本編みたいな感じだったなあ。
松田理沙まじ癒される
ラストはどうなったんだろう。開発は中止になったんだろうか?

佳華√
こいつはダメだ><ちょっとついてけないわ。
こいつだけはなぁ…。
特に第一部はきつかったなぁ。
絆語りは良かったな。恵の想いとかラストとか。

神語り
涼可愛すぎるぞ!テンションあがる
攻略できるのを待ち望んでいたぜ!!


遥か昔、土地神は主人公の先祖と共に暮らしていた。
しかし皆の危機を救う為神の力である言霊の封印を解いてしまう。
ふとしたきっかけに発動してしまった力を恐れ、彼女は村を追われてしまった。
彼女は力をまた封印し、10年に一度だけしか言霊を使えないようにした
その力を彼女は村の願いの為に使う。10年に一度の土地神祭の度に。
その時まで彼女は一人結界の中で精霊を昇華させ続ける。

10年前の主人公の願いの弊害により、結界が薄れつつある現代。
精霊達を結界の中へと戻すために、主人公達と協力している涼
念話により主人公と心を通わせていく最中、神としてあろうとする涼と対なす負の魂、風が現れる。
破壊の限りを尽くそうとする彼女に、主人公達は神具を用いて圧倒する。
封印をして滅そうとする主人公だったが、涼は神として仮面を被っている自分、風の魂もまた自分から生まれ出る物であると気付く。
涼と風は融解する。魂は一つになり、残ったのは喜怒哀楽がい一層豊かになった涼の姿であった。


願いは代償を払って成就する。主人公の命も代償となり蝕まれて行く。
主人公の先祖が命を落とした原因とされる天災が起こったのもその影響だろうか。
主人公は先祖と同じく神の力を代行し、天災から街を救った。

しかしその代償は、死に大きく近付く物であった。
床に伏せる主人公を見かね、涼は主人公の呪いの源である願いを叶えた。
代償は、自らの永久の命。

平和な世界。ただ一人の神がいないだけの世界がある。
神の結界の力が薄れてきてこのままでは無くなってしまう。
中の神の力を悪用させまいと主人公は神具を使って力を失くそうとする。
社の中に入ると、あの願いを叶えた場所に一つの精霊が生まれていた。
主人公の幸せを想い生まれた精霊は、幽かに残っていた涼の命と結びつき、形作る

力をほとんど失って、永久の命も失って。一人の少女がそこに立っていた。


総評
涼が本気で可愛い
スポンサーサイト
  1. 2010/09/06(月) 07:15:43|
  2. エロゲ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nurunuruboru.blog77.fc2.com/tb.php/213-77c87b9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。