とろのみ3

メモなんて無かった

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブライダルPA

今回は、仕事の話でも。

ブライダルの現場でのお話です。
以前何度かブライダルのPAやらせてもらってた時期がありました、

主に披露宴会場での音響です。

どんな仕事なのかというと、司会や新郎新婦等のマイク立てに始まり、シーン毎にBGMを流したり、様々な余興のお手伝いをしたり、馴れ初め等のお手製DVDの再生、照明の操作(?)、瓶ビールのおかわりを持っていく(??)、etc...

不思議と、音響の仕事以外もこなさないと行けない事が多かった。やる事多い事多い事。

それでいて、絶対に失敗は許されない。ゲストにとっては、一生に一度のイベント、ミスしたら賠償責任問題になる。

そして、どんな会場でも大体機材がショボい。ミキサーのinput足りてないわ、誰でも触れる位置にGEQがあったりして、会場のチューニングもボロボロだったりして。

会場入りして、セッティングして、CD再生チェックして、会場に合わせてレベル取って、司会とキッカケ打ち合わせして…←チューニングの時間はないよ?

しかも、ムチャ振りされまくる。音楽流してるだけでしょ?、DVD流してるだけでしょ?じゃねーよ!と。

司会者の○○キッカケで、または曲先行で、場合によっては十数枚あるCDのトラックは○番でサビからだから○○秒まで事前に回して…

と、何度も確認しないと、恐ろしくてSTART押せないよ。

当日にいきなり持ち込みでカラオケやるから、このCD-R再生お願いねー。←このCD、プレイヤーが読みこまないのですが…←なんとかしてよ

昨日まで読んでたDVDが再生出来ないんですが…。←なんとか(ry

プロの音響さんは、ブライダルやりたがらない人も多いとか。ギャラも安いし。責任重いし、音響は割と虐げられてるし。

でも、司会と、プランナーと、キャプテンと…スタッフが完璧に連携取れてると、披露宴を演出しているのが感じられる。新婦の手紙や、友人挨拶、ご両親の挨拶。会場を涙で包んで、入場で、退場で、ケーキ入刀で、ファーストバイトで、テーブルラウンドで、余興で、会場を拍手喝采にした時は、熱い気持ちになる、そんな仕事だと思います。


やるとなると、気合がいる現場なので…またやってやるぜ。とは意気込めない感じな披露宴PAのお話でした。
スポンサーサイト
  1. 2013/04/26(金) 09:17:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ドラム録り | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nurunuruboru.blog77.fc2.com/tb.php/376-af9c5e4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。